島景

島景

    

青く澄み切った海や豊かな自然、夕日の絶景スポットなど。自然の魅力たっぷりの観光スポットを紹介します。

奄美市(笠利)エリア

笠利町は奄美大島最北端に位置しており、広い農地と多くの美しい海岸を持つ地域です。
奄美民族発祥の地であり、はやくから開かれた土地です。
白い砂浜と青い海に癒しを求める人々でにぎわっています。

笠利町は奄美大島最北端に位置しており、広い農地と多くの美しい海岸を持つ地域です。奄美民族発祥の地であり、はやくから開かれた土地です。白い砂浜と青い海に癒しを求める人々でにぎわっています。

龍郷町エリア

龍郷町は空港を持つ笠利と港を持つ名瀬との中間地点に位置していて、空港や船へのアクセスがとてもいい場所です。
平家伝説や西郷南洲謫居跡、秋名アラセツ行事など、
多くの歴史を持つ町で大島紬の代表的な柄である『龍郷柄』、『秋名バラ』発祥の地でもあります。

龍郷町は空港を持つ笠利と港を持つ名瀬との中間地点に位置していて、空港や船へのアクセスがとてもいい場所です。平家伝説や西郷南洲謫居跡、秋名アラセツ行事など、多くの歴史を持つ町で大島紬の代表的な柄である『龍郷柄』、『秋名バラ』発祥の地でもあります。

奄美市(名瀬)エリア

名瀬は伝統工芸品本場奄美大島紬のふるさととしても有名です。
青く広がる海と太古の香りが息づく森林が隣りあわせになっています。
奄美群島の中心部である近代的小都市です。

名瀬は伝統工芸品本場奄美大島紬のふるさととしても有名です。青く広がる海と太古の香りが息づく森林が隣りあわせになっています。奄美群島の中心部である近代的小都市です。

大和村エリア

大和村は奄美大島中西部に位置する村で、東側には奄美で一番高い山、霊峰湯湾岳がそびえ、西側は東シナ海に臨む自然と良好な景観に溢れる立地です。
東シナ海側を走る県道沿いの景観が良好で、サンセットロードとも言われており、夕陽の名所が数多くあります。
また、湯湾岳までの山合ではマテリヤの滝や奄美フォレストポリスなど観光地が整備され、海も山も楽しめる事ができます。
このような自然豊かな土地ですももやたんかん、マンゴー、パッションフルーツなど多くの作物が栽培されており、果樹の村としても知られております。

大和村は奄美大島中西部に位置する村で、東側には奄美で一番高い山、霊峰湯湾岳がそびえ、西側は東シナ海に臨む自然と良好な景観に溢れる立地です。東シナ海側を走る県道沿いの景観が良好で、サンセットロードとも言われており、夕陽の名所が数多くあります。また、湯湾岳までの山合ではマテリヤの滝や奄美フォレストポリスなど観光地が整備され、海も山も楽しめる事ができます。 このような自然豊かな土地ですももやたんかん、マンゴー、パッションフルーツなど多くの作物が栽培されており、果樹の村としても知られております。

奄美市(住用)エリア

住用町は名瀬の南部、奄美大島の中央部に位置している郡内三大河川のある水が豊かな村です。
日本で二番目に大きいマンブローブが群生しています。
マンブローブパークで体験できるカヌーはおすすめです。

住用町は名瀬の南部、奄美大島の中央部に位置している郡内三大河川のある水が豊かな村です。日本で二番目に大きいマンブローブが群生しています。マンブローブパークで体験できるカヌーはおすすめです。

宇検村エリア

宇検村は奄美大島の中南部西岸に位置しており、島建伝説の霊峰ともいわれる、奄美群島最高峰の湯湾岳がある村です。
冬の北風を遮る高い山々があるため、冬でも穏やかな気候と海を持ちます。
また、貴重な動植物の宝庫でもある美しく神秘的な自然が、人々の心にゆとりと癒しを与えてくれます。

宇検村は奄美大島の中南部西岸に位置しており、島建伝説の霊峰ともいわれる、奄美群島最高峰の湯湾岳がある村です。冬の北風を遮る高い山々があるため、冬でも穏やかな気候と海を持ちます。また、貴重な動植物の宝庫でもある美しく神秘的な自然が、人々の心にゆとりと癒しを与えてくれます。

瀬戸内町エリア

瀬戸内町は奄美大島の最南端に位置しており、大島海峡を挟んで本島側と加計呂麻島や請島、与路島と多数の美しい島々からなっています。
伝統や古い民族が多く残る名所があるとともに、大島海峡の美しさを利用したマリンレジャーの南のメッカになっています。

瀬戸内町は奄美大島の最南端に位置しており、大島海峡を挟んで本島側と加計呂麻島や請島、与路島と多数の美しい島々からなっています。伝統や古い民族が多く残る名所があるとともに、大島海峡の美しさを利用したマリンレジャーの南のメッカになっています。

pagetop